どんな家が人に優しいの?

exclamation子供、お年寄りに優しい ユニバーサルデザイン

 

◎ ユニバーサルデザインってなに?

  言語、国籍、老若男女といった差異、障害・能力を問わずに

  利用することができる施設・製品・情報の設計です。

  たとえば、缶チューハイに記された点字で「おさけ」と表示や

  シャンプーとリンスを間違わないように容器に突起の違いがあります。

  原則としては、どんな人でも公平に使えること。使う上で自由度が高いこと。

  身体への負担がかかりづらいこと。

  接近や利用するために十分な大きさと空間を確保することです。

 

◎ では住宅建築でユニバーサルデザインを取り入れることとは?

  世帯の構成にもよりますが、小さな子供さんや

  お年寄りが居る家庭では、

  1.玄関

    玄関のドアの下枠には段差の少ないレールにする。 

    式台(玄関の床からホールの床までのあいだにある台)の

    段差をなるべく低くする。

    手すりを設ける。(場合によっては二段に!)

  2.廊下

    床の段差を無くす。(フラット)

    廊下の幅を広くする。(元々日本は尺貫法で構成されていますので、

    柱芯々91センチ=3尺)それを100センチ以上にする。

  3.各部屋の入口のドア

    ドア幅を広くする。

    ドアノブをドアハンドルに替える。

    開き戸を引き戸に変える。

  4.トイレ

    手すりを設ける。

    (L型、I型があります。立ち上がる時にはL型が最適です。)

  5.浴室

    床材はすべりにくいものを。

    手すりを設ける。

    浴室のドアはできれば引き戸(3枚戸)に。

  6.キッチン

    流し台の高さは使う方の身長に合ったものを。

    立ち仕事の軽減にイス利用のキッチンもあります。

    カップボード(食器棚)などがある場合、作業スペースを広く確保する。

kittin1_edited-4.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 将来の家族構成の変化や、成長などに対応できるようにすると

 リフォームしやすいようになるばかりか、危険を回避することができます。

 私どもではお客様の身になって、将来を見据えたプラン作りから

 お手伝いさせていただきます。